scholarの志 ロボット プログラミング 科学教育 

公教育と明確に違った体験型学習(Active learning)を実現するのが私の願いです。未来の創り手となる子ども達に何を準備しなくてはならないのか。児童期の多様性を尊重し、Scientific literacy(科学の論理展開力)の育成を目指します。岡山理科学館に協賛し、地域から世界に飛躍する人材を育てます。

5Gの米中主導権争い サイバーセキュリティ―とは?

自動運転やAI社会では、大容量の情報伝達が必須インフラだ。来年から本格化する5Gの設備投資にまつわる前哨戦が、今回のファーウェイ問題。IOTやAIによるデータエコノミー社会実現に必要な要素は、同時に大容量のデータを送信する基盤システム(5G)と消費電力の少ないスーパーコンピューターだ。


以前も述べたが、一党独裁と科学技術とりわけコンピューターサイエンスは親和性が高い。今や中国は共産党一党支配のもとで13億人のデータを一括管理する電脳国家へ邁進する。5Gのデファクトスタンダードも世界の最先端だ。日本の一部は、EUや米国に対抗するため中国と組むことも計画していた。


アメリカの一国優位は脅かされた。米国は本気だ。米中の覇権争いは今後壮絶な展開を見せる。貿易摩擦やトランプの選挙対策は「表層」にすぎない。本質は科学技術のアメリカ優位を脅かす中国共産党に対するアメリカ合衆国の総力戦だ。


IOTにより各組織の現場制御システムと中枢の管理システムはリンクされる。全てのプロセスで侵入は可能となり、全てを「逆支配」ないしは「せん滅」できる。電力系統や基幹交通網・病院やサプライチェーンが攻撃されたら、国家は息の根を止められる。安全保障上も看過できない。東南海地震並みの被害が想定される。


日本も深層学習用のハード開発が始まった。安全保障上の要諦は「国産」だ。そしてサイバーセキュリティーのエンジニアを万人単位で養成し、電脳社会の安全保障を確保しなくては、毎日サイバーテロに怯えることになる。21世紀の扉は開いてしまった。後戻りはできない。

教育の試験至上主義の結果が招いた医学部不正入試 

多くの医学部が、女子と浪人を意図的に排除してきた事実が判明している。試験とは能力判定の一尺度であって、政策実現のツールではない。目的と手段が入り乱れたカオスだ。


医者不足や夜勤シフトの労務問題と「入試判定」は全く別次元の問題だ。しかも、女性の結婚と妊娠の「働き方」まで「入試判定」で調整できるものではない。狂気の沙汰としか考えられない。本来、付属病院の医療の人員編成は別問題だ。


経済学部や理工学部の研究の課題を、学内事務局が「勤務評定」の改定で解決しようとする程度の暴挙だ。むちゃくちゃだ。


永く教育に携わる人ほど「試験」を万能視するきらいがあるのでは。
本来目指すべき教育目的があり、それを実行するうえで最低必要とする能力を測るものが試験だ。それが「伝家の宝刀」のごとく、「魔法の杖」になるとはだれも思わない。