scholarの志 ロボット プログラミング 科学教育 

公教育と明確に違った体験型学習(Active learning)を実現するのが私の願いです。未来の創り手となる子ども達に何を準備しなくてはならないのか。児童期の多様性を尊重し、Scientific literacy(科学の論理展開力)の育成を目指します。

教育の試験至上主義の結果が招いた医学部不正入試 

多くの医学部が、女子と浪人を意図的に排除してきた事実が判明している。試験とは能力判定の一尺度であって、政策実現のツールではない。目的と手段が入り乱れたカオスだ。


医者不足や夜勤シフトの労務問題と「入試判定」は全く別次元の問題だ。しかも、女性の結婚と妊娠の「働き方」まで「入試判定」で調整できるものではない。狂気の沙汰としか考えられない。本来、付属病院の医療の人員編成は別問題だ。


経済学部や理工学部の研究の課題を、学内事務局が「勤務評定」の改定で解決しようとする程度の暴挙だ。むちゃくちゃだ。


永く教育に携わる人ほど「試験」を万能視するきらいがあるのでは。
本来目指すべき教育目的があり、それを実行するうえで最低必要とする能力を測るものが試験だ。それが「伝家の宝刀」のごとく、「魔法の杖」になるとはだれも思わない。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。