scholarの志 ロボット プログラミング 科学教育 

公教育と明確に違った体験型学習(Active learning)を実現するのが私の願いです。未来の創り手となる子ども達に何を準備しなくてはならないのか。児童期の多様性を尊重し、Scientific literacy(科学の論理展開力)の育成を目指します。岡山理科学館に協賛し、地域から世界に飛躍する人材を育てます。

現金にしがみつく日本人 私もだ。

いささか古いデータだが、2015年 キャッシュレス決済比率日本18%韓国89%中国60%インド38%英米仏も50%を超えている。なぜかドイツが日本と同程度。
2018年にはおそらく、インド・中国は相当高い数値になっているだろう。他の手段が少ないうえ、合理性を良しとする国民性がある。中国など、14億人近い民がいるにもかかわらず無人店舗は世界のトップ水準だ。


日本に来る外国人から不満の声が上がっているとか。
カード手数料は高すぎる。ATMも含め割高な手数料は競争力を阻害している。
認証システムやセキュリティー技術の向上で、無料で手軽なシステムが待たれる。役所は邪魔せずに見守ってほしい。監督官庁は、利権を狙わず見守ることが大事です。それが世界と戦う要件です。


ただし、私は電子決済は信用できない古い昭和人です。昭和の化石です。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。