scholarの志 ロボット プログラミング 科学教育 

公教育と明確に違った体験型学習(Active learning)を実現するのが私の願いです。未来の創り手となる子ども達に何を準備しなくてはならないのか。児童期の多様性を尊重し、Scientific literacy(科学の論理展開力)の育成を目指します。岡山理科学館に協賛し、地域から世界に飛躍する人材を育てます。

あまりに保守的な空気? 日本の空

 国大協が民間英語試験の配点比率を1割にしたいと発表した。9割は現状維持とか。国際標準に近い「読む・聞く・話す・書く」4技能は遠くへ消えていく。小学校から高等学校までの教育の在り方や大学での情報収集と思考の国際化が求められていた改革案だったが、大学側が抵抗している。アジアの中の日本の教育の現状が浮き彫りにされた。
 一方、政治行政は思考停止が続く。働き方改革の「裁量労働制」の問題が、廃案か延期かと揺れている。官僚の作文もお粗末ではあるが、先進国で労働生産性の劣等生である日本が、労働人口減少や人工知能の出現を受けて、待ったなしの改革を迫られているのに、3年間も国会で宙ぶらりんになっている。政府と野党の争いネタである。
 ライドシェアリングは、自動車産業を根底から変える。エネルギー改革や自動運転と並行して、車が所有するものではなく共有するものに。学校へはアプリで相乗りとなる。コネクテッドカーになれば、スマホでアクセス可能となるからだ。日本では法整備が追い付かない。既存の不要な規制は多くあるが、未来への予防的規制は世界で一番遅い。仮想通貨への対応を見ても、主要各国は素早い。
 戦後の日本教育のモデルが破綻したことを認識すべきだ。世界に取り残される。日教組ですら、ブラック勤務の公立小中教員の勤務状況を放置していた。危機感がそこに無い。
21世紀は、まず教育から国際標準に準拠すべきと考える。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。