scholarの志 ロボット プログラミング 科学教育 

公教育と明確に違った体験型学習(Active learning)を実現するのが私の願いです。未来の創り手となる子ども達に何を準備しなくてはならないのか。児童期の多様性を尊重し、Scientific literacy(科学の論理展開力)の育成を目指します。岡山理科学館に協賛し、地域から世界に飛躍する人材を育てます。

「名こそ惜しけれ」その2

著書『この国のかたち』で,近代日本の国家的発展を支えた精神構造のルーツを坂東武者に求めたのは司馬遼太郎だった。彼は、「はずかしいことをするな」という坂東武者の精神は日本の非貴族階級につよい影響をあたえ、一部のすがすがしい日本人の中で今も生きていると指摘した。
事実、明治維新以降、欧米列強のアジア植民地化は熾烈を極めた。脆弱な国家体制の日本を救ったのは、郷士や下級武士だった階層の滅私奉公であった。彼らは、欧米に学び日本の近代化に生涯を捧げた。そして日本の独立は維持された。
戦後敗戦国として講和条約を締結した日本は、自動車産業などの事業統合を加速化させ、工業立国として世界に飛躍した。それを支えたのは起業家や官僚たちの滅私奉公であった。「ジャパンアズNO1」 は、アメリカを驚愕させ、IT(情報ネットワーク)へとアメリカは舵を切った。
今日、文部科学省事務次官が引責辞任するとの報道を聞いた。同省幹部の私立大学への天下り斡旋が原因だとのことだ。日教組委員長が、週刊誌の女性問題報道で辞任したことは記憶に新しい。事実を認めたそうだ。教職員の子どもに対する性的暴力は日常の出来事となった。だれも驚かない。報道も垂れ流すだけだ。教育委員会は、記者会見で頭を下げるお約束となった。保母資格者が、給与の低さと社会的評価の無さに失望して離職するとか。医者で小児科・産科は不人気とか。激務とリスクに見合った報酬と評価がないからだろう。
日本人は、変質したのだろうか。司馬遼太郎も現在の日本精神の後退を嘆いていると思う。子供に関係する仕事は、「まともにやると」労多くして薄利だ。昔も今も変わらない。ただ、それに対する社会の理解や評価が低すぎる。悪循環だ。「名こそ惜しけれ」を当事者は心に刻み、社会はそれを評価する。昔の好循環が必要と切に思う。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。