scholarの志 ロボット プログラミング 科学教育 

公教育と明確に違った体験型学習(Active learning)を実現するのが私の願いです。未来の創り手となる子ども達に何を準備しなくてはならないのか。児童期の多様性を尊重し、Scientific literacy(科学の論理展開力)の育成を目指します。岡山理科学館に協賛し、地域から世界に飛躍する人材を育てます。

空飛ぶ車は世界の常識 日本の議会が障害か?

世界のモーターショウなどで、多くの空飛ぶ車が紹介されている。ドバイでは交通整理の警察官がドローン型オートバイで現場に向かっている。日本でもトヨタが若い技術者に任せたとの記事を見たことがある。
今朝のテレビで、地方の有志が自動操縦の空飛ぶ車を開発する報道を見た。この年齢でも胸がときめく内容だった。軽量化した推進制御などは、コンピューターと3Dプリンター技術等と相まって、零細企業でも開発可能となる。プレハブの会社から製品が開発されていく未来の工場だ。ただ、日本が世界に取り残されているのは法規制の問題。自動運転もしかり。


一方、津山の少女殺害犯の連続犯行も話題となっている。子供への性的異常性向の常習犯の情報開示は喫緊の課題だ。また、大学スポーツの制度設計も100年遅れている。世界の潮流に法制度の改善が追い付いていない。進んでいない。停滞する日本の法制度。


最大の要因は、「モリカケ」だけで国会を空転させる、生産性の低い議会運営に問題の根がある。野党も支持率が上がらない最大の要因は、世界が見えていないことだ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。