scholarの志 ロボット プログラミング 科学教育 

公教育と明確に違った体験型学習(Active learning)を実現するのが私の願いです。未来の創り手となる子ども達に何を準備しなくてはならないのか。児童期の多様性を尊重し、Scientific literacy(科学の論理展開力)の育成を目指します。岡山理科学館に協賛し、地域から世界に飛躍する人材を育てます。

世界標準はみな一緒 ナショナルトレーニングセンター

ナショナルトレーニングセンターは、日本初のトップレベル競技者養成施設だ。
スポーツの精鋭を育てる医・科学との連携組織はどんなことをするのか?


現場では、選手が作文を書いている。そして自分で発表だ。
現状を分析し、組立て、再構成して展望を提示する。どこかで聞いた話だ。
学童期のプログラミング的思考と軌を一にする。


国際間競争の土俵は全て同じなのだと痛感した。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。