scholarの志 ロボット プログラミング 科学教育 

公教育と明確に違った体験型学習(Active learning)を実現するのが私の願いです。未来の創り手となる子ども達に何を準備しなくてはならないのか。児童期の多様性を尊重し、Scientific literacy(科学の論理展開力)の育成を目指します。岡山理科学館に協賛し、地域から世界に飛躍する人材を育てます。

国立大学教員養成課程の縮小

文部科学省の有識者会議の報告書に、統合と機能集約が盛り込まれた。既存の団体からの反発は避けられないだろう。しかし、
初等教育はまだしも、中・高等教育課程の教員に教育学部卒の新卒が相応しいのだろうかはなはだ疑問だ。既存の学部を卒業して、社会生活を営んだ人や、大学院で学び直した人などを優先的に配置したら済むのではないだろうか。
いや、その方が国際水準に適合すると思える。教育委員会も同じだ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。