scholarの志 ロボット プログラミング 科学教育 

公教育と明確に違った体験型学習(Active learning)を実現するのが私の願いです。未来の創り手となる子ども達に何を準備しなくてはならないのか。児童期の多様性を尊重し、Scientific literacy(科学の論理展開力)の育成を目指します。岡山理科学館に協賛し、地域から世界に飛躍する人材を育てます。

学びの多様化 全寮制高等専門学校

日本三名山の白山の麓に、全寮制の高専ができた。1~2年は全寮制で、3年次は全員ニュージーランドへの留学が決められている。
理数科目は、全て英語で進められる。世界に通用する人材の育成が目標だ。
しかし、初年度は定員を割ったそうだ。認知度の不足が主要因とか。
欧米の同様の学校は、芸術やスポーツ教育にも力を入れており、寮生のメンタル管理のノウハウにも優れている。英国のイートン校をモデルとした海陽学園にも当塾から進学した生徒がいる。
難関中学に進学する生徒も依然多い中、このような進路も今後は重要となる。全国に新設や改編した同様の学校ができることを期待してやまない。人生100年時代、学びも仕事も家族も社会も国際関係も多様化する。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。