scholarの志 ロボット プログラミング 科学教育 

公教育と明確に違った体験型学習(Active learning)を実現するのが私の願いです。未来の創り手となる子ども達に何を準備しなくてはならないのか。児童期の多様性を尊重し、Scientific literacy(科学の論理展開力)の育成を目指します。岡山理科学館に協賛し、地域から世界に飛躍する人材を育てます。

石炭にこだわって、太陽と風で負けた日本 

世界の潮目が変わった、いくら高効率といっても石炭火力では地球は持たないと。
同時に、太陽光や風力発電のコストが、石炭を下回り、ついには天然ガスよりも下回った。ただし、日本だけは別。
科学技術立国や環境先進国だと日本人は信じているが、世界中の国際会議では、石炭にこだわる国。自然エネルギーが高い国となっている。
せっかく積み上げてきたものが、失われつつある。


資源エネルギーを高止まりさせ、石炭火力を重視する国策とは?
その結果が原子力の再稼働かと。
原子力発電のコスト計算は操作されていたのだろう、最近のデータでは一番高く見積もられており、実態が暴露されてきた。
国会で質問時間を争う前に、与党でも野党でもいいから、まともな質問をしてほしいものだ。日本は疑われている。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。