scholarの志 ロボット プログラミング 科学教育 

公教育と明確に違った体験型学習(Active learning)を実現するのが私の願いです。未来の創り手となる子ども達に何を準備しなくてはならないのか。児童期の多様性を尊重し、Scientific literacy(科学の論理展開力)の育成を目指します。岡山理科学館に協賛し、地域から世界に飛躍する人材を育てます。

省庁の役人人気が無くなるのはだれの責任?

国家公務員上級職の志望者が、21世紀になって半減し、減少が止まらない。さらに、やたらと若い役人が辞めだしたそうな。古い慣例に縛られ、国会での不毛な時間の浪費に疲れ果てるとか。役所のIT化は最も遅れており、紙文化の権化だと聞く。明治維新後と変わらない。これに、バカな大臣の尻ぬぐいに疲れたら気の毒だ。


「働き方改革」から最も遠いのが省庁の役人では、日本国の未来は暗い。障害者雇用のねつ造もまかり通るのは、そういった後進的な役所文化にある。一言で「遅れている」。従って、官庁を優秀な人は避けて通る。20世紀の輝きと驕りは消え失せる。


「議員と役人」は、時代遅れの象徴のように見えてきた。志を持った心有る方々は迷惑千万な話だとも思う。一日も早く電子政府の樹立を進め、行政と国会運営をイノベーションする必要がある。セキュリティーエンジニアの養成も喫緊の課題だ。実現すれば、女性の参画も推進され、21世に向けた国家ビジョンも生まれよう。


とにかく、古い。先日、国土交通省の労務調査の資料(A3-4枚と添付資料多数)を作ったが、費用対効果の観念が欠落している。調査主旨と書面作成の負荷がバランスしていない。「沢山書けば良い書類」20世紀モード全開だ。役所から21世紀が見えてくるのはいつの日か。付き合わされる民間の気持ちも忖度して欲しいものだ。

教室の移転準備で大忙しです 報告その2

新しい学び舎の設計を考案するその横には、引っ越し業者の段ボールがところ狭しと並んでいます。色のチェックや見積検討など決めなくてはならないことが目白押しです。

岡山に二つとない塾を作り上げます。ロゴカラーも見直し、株式会社双研舎の初仕事として頑張ります。サインポールには、ソーラー発電での電飾を準備します。