scholarの志 ロボット プログラミング 科学教育 

公教育と明確に違った体験型学習(Active learning)を実現するのが私の願いです。未来の創り手となる子ども達に何を準備しなくてはならないのか。児童期の多様性を尊重し、Scientific literacy(科学の論理展開力)の育成を目指します。岡山理科学館に協賛し、地域から世界に飛躍する人材を育てます。

「思考力・判断力・表現力」の育成と皆言うが.....

学力テストを実施すると「思考力・判断力・表現力」の育成とやたらこの文字が躍る。
しかし、どうやって「思考力・判断力・表現力」の育成をするのかは誰も話さない。
データは踊り、評論は踊る。文部科学省の得意技だ。


体験型演習で、一生懸命に取り組んだら、自然と「思考力・判断力・表現力」が増す実地にはや6年。ライフワークとして残りの人生を費やす価値はあると思う。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。